TV-2シリーズは、出球を低く抑える要因であるハンドファーストでのインパクト。このインパクトをオートマチックにイメージさせるグースネック形状。
また、ハンドファーストでのアドレスをスムーズに行えるようリーディングエッジのセンターからトゥ側にかけた曲線を緩め、しっかりとしたライン出しが出来るような形状にしている。

画像
ソールセンター部分を凹形状にし平面ソールやキャンバーソール等の一般的なソールと比較し地面に打ち込みやすくしている。
少ない抵抗で打ち込んだソールは、ハンドファーストの状態をキープし、ボールを低く抑え、スピンの効いたボールを打ちやすくなる。
バックフェイス側の凸部が、地面の抵抗によって”ささる”事なく抜けやすい。この一連の動きにより、地面の抵抗によるヘッドスピードの減少を抑制し、低く、スピンの効いた出球を実現させる事が可能となる。

画像


DENT GRIND SOLE

他モデルと比較し、地面に接地した際の抵抗を最大限に削減しつつ、後方のソールがしっかりとヘッドを抜ききらすソール形状
画像
TV-250バックフェース
画像
TV-256バックフェース
画像
TV-250アドレス
画像
TV-256アドレス

ヘッドSPEC

フェース素材/ボディ素材 8620(軟鉄)
PROTOTYPE TV-2 SERIES 公差 TV-250 TV-256
ロフト角         ±1°        50°        56°
バンス角         ±1°
        8°        10°
ライ角         ±1°
       63.0°        63.0°
フェイスプログレッション         ±1㎜
       5.0㎜        5.0㎜
ホーゼル内径       ±0.05㎜
       9.3㎜        9.3㎜
ホーゼル深さ         ±1㎜
       35.0㎜        35.0㎜
ヘッド重量        ±2g
       296g        296g

価 格

ヘッドパーツ価格
※ヘッドパーツ単体でのエンドユーザー様への販売は致しておりません
14,000円+税
Copuright (c) AKIRA PRODUCTS All rights Reserved.